新・月下独酌



商工会議所総会



昨日は、勝山商工会議所の総会懇親会にお招きいただきました。


地方において、シンクタンク的な役割を果たすものは
 行政
 商工会議所
であると常々私は考えています。
(本当は、ここに青年会議所を入れるべきなのですが・・・・)


荒井会頭は、冒頭の挨拶において、勝山はこれから観光を重点として産業振興をしていくべきとの内容を述べられました。

確かに、勝山においては「産業としての観光」は発展途上にあります。どうしても製造の方に力を入れてきたため、観光とはどういったものなのかが市民レベルで浸透していないように思われます。


そもそも「勝山に人が来るはずがないじゃないか!」とさえ言う人もいるくらいですから(苦笑)。

そんなことはありません。勝山には観光地になりうるだけの魅力は十分に備わっています。
「なにが観光資源となりうるのか」については、私のHPの「日々是口実」第28番、「勝山への観光客を増やす方法」をご覧ください。


[PR]
by harukado-ruri | 2006-05-31 02:25 | 政治の話
<< 算数オリンピック! 小学校に英語を導入することについて >>


掲示板を直せなかった市議会議員のひとりごと
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
「旧・月下独酌」のアドレスは下記のとおりです。
http://harukado.fruitblog.net/
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧