新・月下独酌



算数オリンピック!




「数学オリンピック」が毎年開かれているのはご存知でしょうか。

これは世界各地の高校生による「数学の腕自慢コンテスト」で、1959年から開かれている大会です。

一応、高校1年生までの知識をベースにした問題ということになってはいるのですが・・・・・正直、かなり難しいです(当たり前!)



さて、フィールズ賞受賞者でもある数学者広中平祐氏は、こどもたちにもこういった大会があってもいいのではないかと、小学6年生以下を対象とした「算数オリンピック」を提唱し、1992年より実現されました。



b0104829_314211.jpg
というわけで、この書。

なにしろ、使う知識は小学校6年生までの算数の知識ですから、「三角形の面積は、底辺×高さ÷2」程度のことさえ覚えていればOK!

後は、ひたすら発想力の勝負です。

私の手帳には、算数オリンピックの問題の写しがあり、ちょっと暇になると「あーでもない、こーでもない」とやっております(笑)




せっかくですから、2000年の算数オリンピックの問題から、2つほど。

【問題】
6けたの整数があり、1の位の数字は9です。今、この「9」を一番上の位に移したら、もとの整数の4倍になりました。もとの6けたの整数はいくつですか。

【問題】
たろうくんは、1から順番に1,2,3,4,5・・・・・・とある数までを黒板に書きました。じろうくんがその中の1個の数を消してしまいました。すると、残りの数の平均は590/17(17分の590)になりました。
じろうくんの消した数はいくつですか。


小学6年生以下が対象ですから、もちろん小難しい方程式やらは不必要です。必要な知識はほとんどありません。


ですが・・・・・恥を忍んで申しますと、この前問を解くのに私は40分近くかかりました。
※ちなみに、わが嫁は10分程度で解き、高らかに勝利宣言をして立ち去りました。


リベンジを心中に誓い、ただ今修行中です。

[PR]
by harukado-ruri | 2006-05-31 03:30 | 本の話
<< 10回目の正直・・・・ 商工会議所総会 >>


掲示板を直せなかった市議会議員のひとりごと
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
「旧・月下独酌」のアドレスは下記のとおりです。
http://harukado.fruitblog.net/
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧