新・月下独酌



引き続き、東大の話



前回の拙稿では、東大が?という話をしました。

ちょっと気になったので、官僚の学歴リストを調べてみたのですが・・・・・・・やっぱりというべきか、東大多すぎ(笑)。


例えば、財務省を見てみましょう。

大臣の谷垣さんが東大法学部であるのは言うを待ちませんが、

事務次官          東大法学部
財務官            東大法学部
大臣官房 官房長     東大法学部
秘書課長          東大法学部
文書課長          東大法学部
会計課長          東大法学部
地方課長          東大法学部
総合政策課長       東大法学部
信用機構課長       東大法学部
総括審議官         東大法学部
政策評価審議官      東大法学部


おいおい、大臣官房の課長級はぜーんぶ東大、しかも法学部卒かよ!と絶句。

なるほど、こういう状況ならば「東大法学部卒の首相を」などという世迷言が出てくるわけです。




ここまで酷くなくても、他の省庁もおおむね東大卒官僚が多数派を占めています。

いえ、別に東大が多数派を占めても構わないんですよ、きっちりと仕事さえしてくれれば。





そして、今回の調査でようやく納得できたことがあります。

前々から、私は
「なぜ、フェミニストは内閣府という行政の心臓部にもぐりこめたのか」
という点を疑問に感じていました。

理由は単純でした。東大卒の官僚が多いことと、東大には上野千鶴子がいるから。

[PR]
by harukado-ruri | 2006-06-13 00:05 | 政治の話
<< 大野市長選挙 学歴社会 >>


掲示板を直せなかった市議会議員のひとりごと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
「旧・月下独酌」のアドレスは下記のとおりです。
http://harukado.fruitblog.net/
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧