新・月下独酌



ワールドカップ


サッカーワールドカップの、日本―クロアチア戦をTVで見た。

GKの川口の活躍は凄まじいものだった。私はサッカーについては、素人も良いところだが、それでも川口がどれだけすばらしい活躍をしたのか位はわかる。



それに比して、FWの二人は何をやっていたのだろう。

高原と柳沢は、最近ではディフェンシブ・フォワードと呼ばれているそうだ。
MFからFWにパスが回る。そこでシュートを打つのは普通のFWである。日本の戦術はそうではない。一旦FWに渡ったボールは再びMFに戻され、そこでMFがロングシュートを打つのだ。

そのように揶揄されるのも、敵ゴール前で、FW同士で横パスを回しているようでは、致し方なかろう。






そして、今日の日本-クロアチア戦を見ていて思ったのだが、ひょっとしたら日本人はメンタリティとしてサッカーに向いていないのではないか?

ゴールに向かってくる外国選手の獰猛さを見ていると、つくづくそう思うのだ。

[PR]
by harukado-ruri | 2006-06-19 01:00 | その他もろもろ
<< 大野市長選挙 エンゼルランド >>


掲示板を直せなかった市議会議員のひとりごと
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
「旧・月下独酌」のアドレスは下記のとおりです。
http://harukado.fruitblog.net/
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧