新・月下独酌



食の意義


「食育」という言葉が、巷間溢れています。

「食」は子どもたちの教育の基本、正しい食生活を送りましょう・・・・・・という趣旨なのですが、現状はなかなか厳しいようです。



学童保育に通う子どもたちに、夏休みの間、給食を実施する自治体が増えている。

出来合いの弁当や菓子パンなどを持たせる家庭があるほか、暑い時期に弁当の衛生状態を心配する声もあり、栄養の偏りを見かねて始めるケースが少なくない。

 「みんな、ごはんだよ」。7月上旬の土曜日、民間運営の「学童保育&フリースペース げんこつ組」(東京都三鷹市)で、子どもたちが天ぷらうどんを囲んだ。ここでは以前から学校給食が無い土曜日に1食250円で昼食を出しており、この夏休みについても実施を検討中という。

 「弁当を毎日作るのが大変という保護者の要望が強い。親子丼やカレーライスなどが中心ですが、子どもたちと一緒に作ることを心がけています」と指導員の中村香恵さんは話す。

 学童保育に通う子どもの昼食は、学校休業日はお弁当の持参が基本。だが各自治体で夏休み中の給食を出す動きがある。

 埼玉県越谷市は今年度から、学童保育27か所で夏休み中の給食を始める。同市の学校給食は給食センターでまとめて作って各校に配送する「センター方式」。学童給食も同じ仕組みを活用する。各家庭は事前に利用日を申し出て、1食250円ほどを自己負担する。「暑い季節の弁当の食中毒対策と子育て支援の一環」と同市担当者は話す。

 山口県萩市は昨年3月の町村合併により学童保育が8か所から18か所に増え、旧市内で行っていた学童給食をこの夏休みから全学童保育に拡大する。

 4年前から学童給食を実施している福岡県穂波町(現・飯塚市)の職員労働組合が以前、夏休み中に学童保育に通う児童の弁当を調査したところ、保護者の手作り弁当の割合は3~4割程度。菓子パンやカップめん、出来合いの弁当のほか「何も持たずに来る子どももいた」という。

 調査にかかわった福岡県自治労の森田雪(きよむ)さんは「親が弁当を作るべきだという意見や、調理員の労働強化になるという反対論もあったが、現実の問題として子どもの食を保証する必要がある」と話す。

 学校給食は学校給食法により実施されているが、学童給食となると、目的も法的根拠も異なる。厚生労働省は学童保育での給食について「把握しておらず、特別の指導もしていない」とする。女子栄養大の岡崎光子教授(栄養教育学)は「子どもの不利益にならないために、地域の実情に応じて学童保育で給食を出さざるを得ないのは理解できる。親は任せきりにせず、何らかの形でかかわるのが理想」と話している。

(2006年7月16日 読売新聞)




「キレる子どもは、カップラーメンばかり食べている」というような話を、皆さんも耳にしたことはあるでしょう。

眉唾のような話だと感じていらっしゃるかもしれませんが、これはかなりの確率で正鵠を射ていると考えます。


 かつて、過激左派が傍若無人ぶりを発揮していた時代がありました。「総括」の名の下に、自分たちのセクトの仲間ですら殺して恥じない凶悪ぶりでしたが、彼らの主食は実に粗末なものであったと言います。
 それはそうでしょう。司法警察の手から逃れるためにアジトに潜伏しているわけですから、インスタントラーメンや菓子パンなど日持ちのするものを主食にせざるを得ない状況にあったのです。

 ところが、彼らが警察の手に落ち、留置所内で三度三度の食事をきっちりと与えられると、不思議なことに彼らの態度が変わってきたそうです。拘置された直後は自己の正当性を高らかに謳っていた彼らが、食生活を強制的ではあるものの改められる過程で、その攻撃性が見る見るうちに和らぎ、悔悟の念に苛まれる・・・・・まあ、有り体に言えば常識的になった・・・・・そうです。






働いているご両親が弁当をつくられる・・・・・・これは実に手間のかかることだろうと思います。

我が家では、坊主が保育園に通っております。その保育園では、月に1度の割合でお弁当持参の日がありますが、月に1度ですら妻は子育ての合間を見ながら作っています。

これが毎日ともなれば、さぞかし大変なことでしょう。



ですが、無理なお願いかもしれませんが、頑張ってお弁当を作っていただきたいと思うのです。

もちろん、給食を作ることは行政の仕事です。しかし、それは行政が「補完」しているのだと私は考えています。

どんなに頑張ろうとも、行政は親代わりにはなれません。
最後はご両親の愛情ではないでしょうか。

[PR]
by harukado-ruri | 2006-07-16 23:41 | 政治の話
<< 2歳児限定日本語検定3級試験 カルガモ! >>


掲示板を直せなかった市議会議員のひとりごと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
「旧・月下独酌」のアドレスは下記のとおりです。
http://harukado.fruitblog.net/
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧