新・月下独酌



銀色の独立国


昨日は、大野勝山広域ごみ処理場「クリーンビュー」の落成式に参加しました。

b0104829_18353531.jpg

7月の中旬あたりから、一般市民に対しての見学も可能になります。

皆さんも一度見学されてみてはいかがでしょうか。
なかなかに面白いですよ。








古本屋に注文していた書籍が今朝方届きました。


b0104829_18355456.jpg

「銀色の独立国」・・・・・・このタイトルを見てピンと来る人は多いはず。



3年前の衆議院議員選挙の際に、平泉渉氏が配られたパンフレットはこの本のダイジェスト版でした。


ダイジェスト版では、なかなか全貌がつかめないため、古本屋を探して注文してきたというわけです。




唐突ですが・・・・・

格差社会という言葉が巷間にぎわせていますが、賃金格差などは格差社会のほんの上っ面に過ぎないと私は考えています。

格差社会は、

(1)地域格差
(2)高齢化社会

これら2つの内在的な圧力として生まれたものです。例えるなら、新薬を研究している過程でとんでもない殺虫剤が開発されたように、まったく予期せぬ結果として格差社会は誕生しつつあります。


(1)の地域格差とは、東京一極集中のシステムがもたらした弊害です。
経済の一極集中により、地方の経済システムは中央に依存した形になっています。「依存」とは、「閉じられた」という意味です。

 「閉じられている」経済システムとはどのようなものでしょう。

マクロ経済学の教科書を紐解くと、必ずと言ってよいくらい最初に出てくるのが「乗数効果」です。

 A氏に100万円のお金を渡したと仮定しましょう。この人は、いつも収入の30%を貯金に回すので(貯蓄性向0.3)、30万円は貯金にまわされます。租税を無視して、残りの70%、つまり70万円を消費に回すとしましょう。
 A氏は、かねてよりB氏との間で、B氏の持っている車を買う旨の約束をしていました。そこでB氏の車をA氏は70万円で購入しました。ここで、B氏は70万円の収入を得たことになります。仮にB氏も収入の30%を貯蓄にまわし、残りの70%を消費に回すとするならば、B氏は49万円をどこかで使うことになります。そしてその49万円をもらった人が、さらにその70%を消費に回すならば・・・・・

 A氏が得た100万円は、100万円の価値を持つだけではありません。A氏の100万円はB氏の70万円、C氏の49万円、D氏の・・・・・といった形で市場内での価値を持ちます。
 つまり、100万+70万+49万+・・・・・と7掛けの総和としての価値を持つわけです。

こういう見方をするのが乗数効果であり、公共投資の基礎理論として重宝されました。





かつて勝山ニューホテル存続が市議会で問題になった際、存続の立場から論陣を張った私は次のような論法を用いました。

勝山ニューホテルが1年間に勝山経済に与える影響は1億円足らずですが、その経済「波及」効果は最低に見積もっても2億8000万円です。

この論法が乗数効果を下敷きにしていることは明らかです。
しかし、この論法の中では、敢えて意図的に無視していた変数がありました。

それは・・・・・・勝山市の経済がどれだけ外に対して開かれているか(つまり「どれだけ閉じられていないか」)について触れなかったのですね。


例えば、1億円の金が勝山経済に投入されても、勝山経済からスルスルとそのお金が逃げて行ったのでは意味がありません。乗数効果が発揮されるためには、地方経済が他都市に対して閉じられたものであり、その地方経済の中に投下された資本はその中をぐるぐると回っていなければならないのです。

つまり、特定の地方経済が「閉じられて」いて、投入された資本がその内部で循環するようになっていれば、その地方は経済的に「やっていける」状態といえるでしょう。

残念ながら、勝山の経済は「閉じられた」ものではありません。それは、消費者が福井へ買い物に出かけることだけ見ても明らかです。また、資本移動のシステムそのものが国家レベルで中央へ向かうものになっています。つまり、資本は最終的には中央へと向かうのです。

(それが「経済の一極集中」の根源的な意味でもあります)





ただし、これ自体は克服することは可能です。つまり、勝山のモノを中央へ売りつければ済むことですから。

問題は、「高齢化社会が生み出す格差社会」なのです。

私は、「かつて日本は平等社会であった」というテーゼに対しては、「それは単に若年層が多かっただけではないか」という考えに立っています。

ならば、若年層が減り続ける現在では、不平等社会が到来するのは当然でしょう。

そこでこれを解決するには単純に、

(1)所得再配分の方法を刷新する
(2)高齢者層が世代間格差を是正する

この2つの方法が考えられます。

(1)は税制その他の政策により、若年層と高齢者層の所得再配分を見直す方法ですが、これはあまりにも危険度が高すぎます。

(2)は、高齢者と呼ばれる世代を「従属人口」・・・・すなわち、生産に寄与しない人々・・・・と、とらえるのではなく能動的な生産世代とみる政策です。


もっとも、この(2)に対しては未だ有効な政策は存在しません。



なにかいいアイディアはないのか?・・・・・それがこの『銀色の独立国』を購入した動機です。



・・・・・・というわけで、これからこの本を読むところなので、書評はいずれまた(苦笑)

[PR]
# by harukado-ruri | 2006-07-04 22:15 | 政治の話

左義長保存会


本日は、左義長保存会の出演があるため、朝早くから県立病院へ出かけました。

県立病院の小児病棟の夏祭りでした。病気を抱えている子どもたちが、珍しげに、そして楽しそうに見てくれていたのが、何より嬉しかったです。

ちなみに、最近練習にいけないもので腕が格段に落ちました・・・・・反省しています。
(「それじゃ、お前は元々腕があったのか!」という突っ込みはこの際ナシですよ;笑)




県立病院へ向かうバスを待ちながら、九頭竜川を眺めていました。

ご存知のとおり、九頭竜川の水は、下荒井で水力発電のために取水され、市荒川で再び戻されます。私は坂東島の産ですので、小さな頃より戻された水量に馴染んでいますが・・・・・

b0104829_13194097.jpg
こういう風景を見ると、これが福井県を代表する河の水量なのか・・・・と正直、納得できない想いがあります。




「昔の九頭竜川は・・・・・」というお言葉を、古老より伺うことがあります。しかし、私たちにその姿をイメージすることはできません。

まずは、一日で良いから「昔の九頭竜川の水量」を再現することができないものでしょうか。








[PR]
# by harukado-ruri | 2006-07-01 13:27 | 左義長

ブルドック来襲!



今朝方、私宛に不審な荷物が大きなダンボールに入って届けられました。

妻が騒いでいるので、何事かと尋ねてみると・・・・・・

永谷園は、『大人のふりかけ』で、ブルドックが景品であたるというキャンペーンをやっていました。テレビのコマーシャルでご覧になられた方もいらっしゃるでしょう。

妻は、こっそりとそれに応募したそうです。そしてそれがものの見事に当選した・・・・・・と。


b0104829_944445.jpg

まあ、とりあえず記念撮影でもしておくか・・・・と一枚。







さて、ブルドックのぬいぐるみとはどのようなものか、早速見てみましょう。

b0104829_95198.jpg

ぅっ

・・・・・・・・びみょうだ・・・・・・・







b0104829_954063.jpg

まあ、お約束ということで、記念にもう一枚。









b0104829_951658.jpg

ちなみに、このブルドックのリアールちゃん(命名者;永谷園)は、限定1万個生産だそうです。

しかも、驚いたことにハンドメイド

ですから、当然のようにシリアルナンバーも打たれています。





すごいですね、永谷園さん。

がんばりましたね。





でも・・・・・・・

ごめんなさい。当選しておいてこんなこというのは失礼の極みなんですが。

b0104829_955326.jpg



こわい・・・・・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン




[PR]
# by harukado-ruri | 2006-06-28 09:16 | 身辺雑話

グーグル・アース



検索サイトのグーグル(Google)は、検索の正確さ、検索範囲の広さ等で有名ですが、色々な機能がついていることでも名を知られています。

ふとしたことで、この「色々な機能」のひとつである「グーグル・アース(Google Earth)」の存在を知りました。

これは、地球上のありとあらゆるところの衛生写真を張り合わせた、いうなれば地球儀のようなものでして、主要都市になると建物の屋根まで鮮明に見えます。

残念ながら、「主要都市になると・・・・」ということですので、勝山の解像度はさほどよくありませんでした。



地図が好きな人、旅が好きな人で、まだご覧になってない方はどうぞ。


[PR]
# by harukado-ruri | 2006-06-28 01:32 | 身辺雑話

市議会議員定数



昨日は、6月定例会の最終日でした。

新聞の校了締め切り時間の関係から、本日の新聞紙面には出ておりませんが、議員提案による議員定数削減条例案が賛成多数で可決されました。

これにより、次回の一般選挙から、現行20名の定数は4名削減されて16名にて実施されます。


[PR]
# by harukado-ruri | 2006-06-27 15:53 | 政治の話

漬けてみますか



入梅の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。

この季節は、「入梅」の言葉にもあるとおり、梅を漬け込む季節です。

我が家でも、梅を漬ける準備を進めておったのですが・・・・・・



b0104829_321484.jpg


     ?━━(゚Д゚;)━━アレ?

・・・何かが違う・・・・・



[PR]
# by harukado-ruri | 2006-06-25 03:06 | 身辺雑話

憲法と裁判所に対する抜きがたい幻想



首相靖国参拝訴訟の最高裁判決が出ました。


小泉純一郎首相の靖国神社参拝は憲法の政教分離原則に反しており、精神的苦痛を受けたとして、戦没者の遺族らが国と小泉首相などに損害賠償などを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(今井功裁判長)は23日、原告側の上告を棄却した。原告側の請求をすべて退けた2審・大阪高裁判決が確定した。
 歴代首相の靖国参拝をめぐる訴訟で、最高裁判決は初めて。1、2審で敗訴した原告側が上告したが、第2小法廷は違憲を理由とした部分は受け付けず、13日付で棄却を決定している。
 今井裁判長は判決理由で、「本件参拝によって上告人らに損害賠償の対象となり得るような法的利益の侵害があったとはいえない」と指摘した。
  (産経新聞)



福井新聞はもとより、沖縄タイムス、高知新聞、徳島新聞、中国新聞等々で、「最高裁が判断を逃げた」という論調が目立っています。

原告代表も「最高裁は司法の権限を放棄した。まさにサボタージュだ」と憤慨しています。

ふむ・・・・・

二度にわたって松山地裁に提訴した「四国訴訟原告団」の安西賢二事務局長は「首相の違法行為をたしなめることができるのは司法だけなのに。非常に残念」」と語っています。


ふむ・・・・・


まず、日本のある部分の人々に対して、未だに「憲法に対する幻想」「最高裁判所に対する幻想」が根強く残っていることに私は驚いています。

この幻想は、政府とか国家とかの好き放題にを憲法が制限してくれるはずだ。最高裁判所は憲法の番人として最終的に国家の活動をチェックしてくれるはずだ・・・・・という内容で、前述の安西氏の「首相の違法行為をたしなめることができるのは司法だけだ」というような発言にも如実に現れています。


なぜ、こういった幻想が生じているのか。これが私にはわからないところです。

「法律上の争訟を判断するのが裁判所である」という法学の基礎に立ち戻れば、最高裁がこのような判決をだすことくらいは当然に予測できるはずなのですが・・・・






ちょっと話が脱線します。

例えば、1960年代の日本であるならば私も納得できるのです。あの時期には、国鉄や日教組や公務員などのストライキが頻発した、政治的に不安定な時代でした。
 もっとも、そういった不安定な時代にもかかわらず、革新勢力はどんどんと力を失っていくわけですね。時代が高度経済成長になっているわけですから、人々は現在の政治状況を支持する。つまり、平たく言えば自由民主党を支持する。そうなると、具体的な政治の場で革新勢力は国民を説得して選挙制度上で多数派支配ができない。
 戦争が終わった直後には「ついにできあがるか」と思われた革新長期政権も夢に終わり、ずるずると後退する一方である・・・・・と、そういう状況下で、意識的に裁判所を政治闘争の場にしていたわけです。何か政治問題が生じると裁判所に逃げ込む。裁判所で自らの正義を主張する。

半世紀前の日本がこういった状況だったのですが、ひょっとしたら、革新系の発想は今も昔も変わらないということなのでしょうか。


国民はそういった欺瞞・・・・・裁判所に逃げ込んで自らの正義を主張するという行為の胡散臭さ・・・・・・・・に、とうに気づいているように感じます。


そういえば、『表現者』7月号で、宗教学者の中沢新一氏が興味深い指摘をしていました。具体的な内容は、実際に読んでいただくとして、その指摘とは「戦後にあれほど忌み嫌われていた『国体』という言葉を英訳するならば、Constitution of Stateになる。これは『憲法』のことだろう。戦後は『国体』という言葉をなしにしたわけだが、結局それは『憲法』という言葉に代わっただけのことに過ぎない」というものでした。

なるほど、そう考えればつじつまはあいます。結局、彼らは戦前回帰を否定しながらも同じ原理主義に陥ってしまったわけです。





話を元に戻しましょう。
   

なぜ、最高裁判所や憲法に対して、このような幻想が未だにまかりとおっているのでしょう。

責任の一端は、学校教育にあることは間違いないでしょうね。政治経済や公民の授業で、違憲審査について語るときには、必ずといってよいほど「憲法の番人」という言葉を用います。確かに最高裁は「憲法の番人」という地位を与えられています。しかし、憲法学の重大な、そして根本的な論点のひとつが「司法権の限界」であることを踏まえて、それらは教えられるべきなのです。





さて、最高裁判所は司法権の頂点をなす存在であって、「司法権の独立」に象徴されるように、政治とは無縁の存在だ・・・・・・・・と考えている人がいるならば、手始めにこの本をお読みください。
b0104829_2252546.jpg

最高裁物語(上・下)
 講談社プラスアルファ文庫
 山本 祐司 (著)




いかに、最高裁が政治の間で揉まれてきたかがよくわかります。
そして、最高裁がいかに政治的立ち回りが上手いかも。

※ただ、著者は「司法はもっと踏み込むべし」という立場の人のようなので、筆致が抑えられていない部分はあります。


[PR]
# by harukado-ruri | 2006-06-24 23:38 | 政治の話

青年会議所、中国へ渉る



CRIオンラインより、妙な記事が飛び込んできました。

日本青年会議所代表団の一行、340人が19日から22日にかけて、中国を訪問しています。中国全国人民代表大会常務委員会の蒋正華副委員長は21日、代表団の一行と会いました。

 代表団の一行は中国訪問の期間中、第二次世界大戦で中国を侵略した日本軍に殺された人々を記念する南京大虐殺遭難同胞記念館や、中国人民抗日戦争記念館などを参観し、中国の若者たちと交流をしました。


5月のASPAC(アジア太平洋会議)の日韓理事長フォーラムも腰砕けの内容でしたし、嫌な予感がします。また、良いように相手に言い含められて帰ってくるのでは?


そういえば、最近、この蒋正華の名前を耳にします。
全人代常務委員長は、呉邦国だったはず。この呉邦国は江派の直系でナンバー2の人なのですが、蒋正華も江派なのかな?

[PR]
# by harukado-ruri | 2006-06-23 19:53 | JC・JC・JC

議員定数の話



議員定数削減がいよいよ大詰めに向かう中で、ぎりぎりの攻防が繰り広げられています。

昨日、議会改革特別委員会委員長の近藤議員がその職を辞されました。委員会の中身がどのようなものであったかは分かりかねますが、おおよその見当はつきます。

来週の月曜日、6月議会の最終日の本会議において、議員提案により「議員定数条例改正案」が上程されるか否かがひとつの山場になることでしょう。

市民の皆様には、誰が賛成して誰が反対しているのかを注視していただきたい。



[PR]
# by harukado-ruri | 2006-06-23 00:24 | 政治の話

結婚記念日



本日は、結婚記念日。

子どもをおじいちゃん・おばあちゃんに見てもらい、久しぶりに二人で映画を見てきました。


[PR]
# by harukado-ruri | 2006-06-22 23:42 | 身辺雑話


掲示板を直せなかった市議会議員のひとりごと
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
「旧・月下独酌」のアドレスは下記のとおりです。
http://harukado.fruitblog.net/
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧