新・月下独酌



昔の思い出



思い出話のついでに、もうひとつ

私が筑波大学にいた頃の話である。


私は人文学類に所属していたが、比較文化学類という学科が150メートルほど離れた建物内部にあった。

なにせ、横1.5キロ。縦4キロ(だったと思う)という広大な敷地内のことである。150メートルなどはお隣といっても良い。ところが、このお隣の比較文化学類と人文学類はおおよそ性質の異なる風があった。

一言で表すならば、比較文化学類は「こじゃれて」いたのだ。垢抜けていたといってもよいだろう。今はどうなのかわからないが、少なくとも私がいたころはそうだったように思う。

さて、この垢抜けた比較文化学類にひとりの先生がいた。

名を五十嵐一という。イスラム学の専門家で井筒俊彦直系のお弟子さんであったと記憶している。演劇にも造詣が深く、その授業を受けたようにも思う。

記憶が怪しいのは、まともに授業に出なかったためだが、効かん坊のような風貌とそれに見合った毒舌、そして溢れるユーモアは、数少ない出席授業でも十分に見て取れた。





大学3年生の夏。言語学研究会と名前だけは立派なサークルを作って、われわれは夏の合宿を千葉で行った。2泊3日の旅は、うまい魚とうまい酒で盛り上がったのだが、そこにTVから凶報が飛び込んできた。

・・・五十嵐一助教授、刺殺さる・・・

五十嵐助教授は、あの『悪魔の詩』の翻訳を手がけていた最中だった。サルマン・ラシュディが書いた『悪魔の詩』は、時の最高指導者ホメイニ師の激怒を買い、ラシュディ氏に対しては死刑宣告が出ていた。

その翻訳者が殺される。

おおよそ、犯人が誰かは予想がつく。しかも、その殺され方は尋常のものではなかったらしく、発見した掃除婦は、あまりのむごたらしさに失神したと聞いた。





この出来事に、学内は騒然となったが、不思議なことに我々の間ではその狂騒さは見られなかった。事件の異常性が強すぎて、ピンと来なかったのかもしれない。



我々は五十嵐助教授の死を悼んで、何か記念になるようなものを残そうと考えた。
しかし、学生の浅はかさ。何も良い知恵が浮かばない。

誰かが「五十嵐先生の名前を冠した役でもつくろう」と言った。

麻雀の役のことである。
マンズを集めて合計数が51になるという実に他愛もないものであったが、「役満;五十嵐」が誕生した。

助教授を悼んでの麻雀大会が行われたのは言うまでもない。

[PR]
# by harukado-ruri | 2006-06-05 00:29 | 政治の話

天安門事件



4日は、天安門事件から17年目になる日だそうで、香港など各地で座り込みなどの市民運動が実施された。


もう、17年になるのか・・・・・・


あの頃は、国外ではソビエト連邦の瓦解、ベルリンの壁の崩壊などの出来事があり、国内ではバブルの狂熱が吹き荒れるなど、世の中がある意味騒然としていた記憶がある。

その中でも、天安門事件は衝撃的だった。




b0104829_1463083.jpg
戦車の前に立ちはだかった彼は何を求め、何を想ったのか。








中国が仮に国連人権規約を採択しようとも、私は中国が自由主義国家であるとは到底思えない。

中国のヤフーへ行って、「六四事件(天安門事件のこと)」と入力していただきたい。中国当局による検閲の効果で、「見つかりません」としか表示されないはずだ。

そのような国家が自由主義国家であろうはずがない。

※もちろん、民主国家であるはずもない。



他国の歴史認識に口を出す前に、私は彼らに天安門事件の歴史認識を問いたいものだ。


[PR]
# by harukado-ruri | 2006-06-04 23:52 | 政治の話

鼎の軽重をわからぬ者たち


あーあ、物事の軽重もわからない人間が行政改革をやっているのかと思うと情けなくなります。


国立競技場など命名権売却 政府、財政改善へ検討

 政府は4日までに、行政改革の一環として、独立行政法人「日本スポーツ振興センター」が運営している都内の国立競技場や秩父宮ラグビー場、代々木体育館の命名権を民間に売却する方向で検討に入った。
 命名権売却による増収で、2004年度に約165億円の赤字だった振興センターの財政状況を改善し、約76億円に上った政府の補助金などを減らす狙いだ。
 国立競技場は1958年に完成。64年の東京五輪をはじめ、サッカーや陸上、ラグビーの国際試合や全国大会などで幅広く使用されてきた。サッカーやラグビーの一部ファンは、国立、秩父宮をそれぞれ「聖地」と呼び特別視しており、特定の企業名を付けた一方的な施設の名称変更は反発を招く可能性もある。



県営のスタジアムが命名権を売り渡すというのとはレベルが異なるということに、この人たちは気づいていないのでしょうか。

しかも「赤字だから命名権を売る」などというのは、もってのほかですね。
そんな不埒なこと考えてる暇があるなら、国立競技場を環境の良いサッカー専門競技場にした方がよほど利益を産むことでしょう。



仮に、次のようなプランが行政から出てきたついでに・・・というのであれば、まだ納得もしますが・・・・・

(1)「国会議事堂」の命名権を民間企業に売却する。
   →議事堂は「JT会館」のような名称になります
    「アメリカ大使館分館」のような命名も可でしょう。

(2)国道の命名権を民間企業に売却する。
   →どこのゼネコンが作ったかは一目瞭然。

(3)省庁の名称を民間企業に売却する。
   →「三菱重工業庁」という命名も可になります



まさかお役人さんたちは自分の省庁の命名権を売り渡そうとは露ほども思わないでしょう。なぜなら、彼らにとってその名称があまりにも当然で愛着があるからです。

例えば、自分の育った地名を民間企業に売り渡そうという人も少ないはず。そこに対する愛着がそれを拒むのです。

行政がやろうとしていることは、そういった「地名を民間企業に売り渡す」ことに他なりません。


[PR]
# by harukado-ruri | 2006-06-04 23:22 | 政治の話

ソムリエ!



先だっての商工会議所総会懇親会にお招きいただいたときのこと。

商工会議所にお勤めの田中君とお話をする機会を得た。


田中さんは、勝山市広報にも出たことのある・・・・ソムリエである。

まあ、同じ北郷の人なので、いくらでもお話をする機会はあったはずなのだが、なぜか巡り合わせが悪く、今回が初めてといってよいかもしれない。



ソムリエは勝山には珍しい資格である。

できれば、こういう人の資格を活かして「何か」ができないものだろうか・・・・・というのも、ありとあらゆるアルコールを美味しくいただける私も、なぜかワインだけは得手でない。

99度のウォッカから、南米の訳のわからない酒まで色々と飲み、大概のアルコールは飲めるつもりなのだが(メチルアルコールは別。そんなもの飲んで平気なのはジャッキー・チェンだけ)、ワインだけは美味しいと思ったことがない。

おそらく良いワインにめぐり合わなかったのかもしれない。私のフランス料理オンチが影響しているのかもしれない。

いずれにせよ、田中君も「勝山にワイン文化を広めたい」という熱意をもっておられる。

私もうまいワインが飲みたい。

さて・・・・・・


[PR]
# by harukado-ruri | 2006-06-03 02:38 | まちづくりの話

もう少し!



我が家の5ヶ月になる坊主が、最近もぞもぞしているな・・・・と思ったら

b0104829_2371250.jpg
あら、もう少しで寝返りが打てそう。



・・・って、よくみれば寝返りうってるじゃない。

よくやった。ぼうや (^_^)


[PR]
# by harukado-ruri | 2006-06-02 02:40 | 身辺雑話

共産党のあきれ果てた論理


数日前、勝山市議会の山田議員が出しておられる市政報告、『やまだタイムス』が新聞折込で届いた。


この件に関しては、私のHPの「67.国民保護条例案について」で既述したところだが、さすがに一言申しておかねばならない。




事は、3月議会に遡る。

3月議会において、『勝山市国民保護協議会条例』『勝山市国民保護対策本部等条例』が上程された。

これは、我が国が武力攻撃を受けた際に、国民を速やかに避難誘導するために制定された『国民保護法』を受けて、各地方自治体に制定を委ねられたもの。



山田議員の論調は大きく分けるならば2つに集約される。
 ひとつめは、「勝山市が軍事協力をすると、勝山市に対する攻撃の危険性がある」
 ふたつめは、「自治体にも安全保障の権限がある」


結論から言うならば、これはどちらも誤っている。


まずひとつめの「勝山市が軍事協力をすると、勝山市に対する攻撃の危険性がある」との説明であるが、

 ①国際法では軍事攻撃が禁止されている病院や宗教施設がある
           ↓
 ②ところが、これらの施設ですら軍事協力をすると武力攻撃される
           ↓
 ③ましてや、一般の施設や民家は容易に攻撃の対象となるであろう
           ↓
 ④したがって、軍事協力はすべきではない


まず、この論法が成り立つためにはひとつの大前提が成り立っていなければならない。
それは「敵が国際法を遵守してくれる」という相手に対する信頼感である。

あくまでも、この法律・条例は「日本が武力攻撃を受けた際」を想定している。日本に武力攻撃を仕掛けてくる相手を信じるのは結構なことだ。山田議員の考えるヒューマニズムが、相手に通じると思うのであれば、諸手を挙げて歓迎の意を表すればよかろう。

ただし、その際にわれわれが対峙するのは話し合いに来た人間たちではなく、われわれを殺すために来た人間、われわれから何かを奪おうとやってきた人間なのだということを山田議員は考えたことがあるのだろうか。


仮に、
「銀行や宝石店ですら、外国人窃盗団のターゲットになっている」
  のだから
「一般のわれわれの家庭は狙われたらひとたまりもない」
  したがって
「われわれは、警察に必要以上に協力を求めるべきではない」
  そうすれば
「外国人窃盗団を刺激しないですむ」

という議員がいたら、市民はどう思うだろう。

共産党が軍事アレルギーであることは、今更説明を要するまでもない。それはそれで結構なことだ。だが、自己のイデオロギーの正当性のために、侵略者にヒューマニズムを求めるのは本末転倒であろう。



そして、この論法は「相手を不必要に信じる」と言う意味で不適切であるばかりか、「自分たちさえ助かれば後は知ったことではない」と言う意味で、卑怯でさえある。

山田議員の論法を別な言葉で表すならば、
「私たちは軍事協力をしません。そうすれば、敵は軍事協力をする別の場所へ行くことになるでしょう。ですから、私たちは安全なのです」
ということだ。

これはどういうことか。
「私たちが安全になるためならば、他所で戦っている自治体の皆さんのことはどうでもよい」
ということではないのか。






山田議員の市政報告、『やまだタイムス』によると、
山岸市長は、山田議員の質問に対して
「勝山市民だけが安全でいられる、そのようなはずがない」
と言ったとのこと。

山岸市長は、まさしく私が前述したような趣旨で「勝山市民だけが安全をむさぼって良いのか。そのような真似はできない」と言ったのである。

意図的に山岸市長の発言を矮小化するのは、いかがなものだろう。






それとも、
「日本全国の自治体が『軍事協力をしない』と宣言すれば、敵はどこも攻めない』などという懐かしの非武装中立論を振りかざすのだろうか。

ならば、一昨年のハイチの武力制圧事件をどのように感じておられるのだろう。

平成16年2月5日にハイチ北部の街、ゴナイブで「ハイチ解放再建革命戦線」が武力蜂起した。ハイチは10年来にわたって国軍の解体を進めていたこともあり、反政府武装勢力に対して政府側が有効な手段を講じえず、鎮圧は不発に終わり、国民は暴行・略奪・殺人などの被害を受けた。

たかだか数百人程度の武力ですら一国を、致命的な混乱状況に陥れることができるのだ。
現行の憲法解釈では、自衛のための戦力は憲法9条違反にあたらないとしている。当然だ。自衛のための戦力すら放棄してしまったハイチは、たかだか数百人の武力勢力により鎮圧され、あまつさえ外国の介入を受け更なる混乱を招いた。

共産党は、国民の生命と財産をどのようにして守るのか。それをご教示いただきたいものだ。


おそらくは「外交と平和努力によって守る」とでもいうのだろう。そんなことは誰でも答えられる。

重要なことは、「外交と平和努力によっても防げないもの」に対してどのように防衛するかという点ではないのか?

そして、今回の国民保護条例は、その「外交と平和努力によっても防げないもの」に対する備えなのだ。そもそも出発点からして論点が著しくずれているのである。






ちなみに、
「自治体にも安全保障の権限がある」
というのは、学者先生の間でも議論が分かれるところ。

そのような定説にすらなっていない論理を振り回してもどうにもならない。




仮にジュネーブ条約を持ち出してきても、意味はない。

またしても「敵がジュネーブ条約を遵守する」という妄想の上に成り立たねばならぬのだから。


[PR]
# by harukado-ruri | 2006-06-01 00:51 | 政治の話

10回目の正直・・・・



まずは、新聞記事より


民主、共産、社民の野党3党は31日、結婚後も希望すれば旧姓を使用できる「選択的夫婦別姓」を認める民法改正案を参院に提出した。衆院にも近く提出する方針。

改正案は選択的夫婦別姓のほか、結婚できる年齢を男女とも18歳にする▽女性の再婚禁止期間を現行の6カ月から100日に短縮する――などが柱。 <毎日新聞>


過去9回にわたって廃案になってきた選択的夫婦別姓法案ですが、10回目の正直を狙うみたいです。

さて、選択的夫婦別姓とはどのような制度でしょうか。

「結婚後も、望む人がいれば旧性を名乗ることができる」
というものです。

なにしろ、この選択的夫婦別姓がいやらしいのは、「望む人がいれば」というくだりでしょうね。これすなわち、
「あなたには決してご迷惑はかけません。世の中には、夫婦同姓により不都合を訴える人たちがいるのです。その人のために、今回の法改正を行うのです。決してあなたに夫婦別姓を強要するものではありませんので、ご安心を。」
という意味合いを持つのです。

この論法がいかに馬鹿げたものであるかは、私のHP内の「夫婦別姓を考える」でも申し上げたとおりです。

(時間が経過することにより、あの論考に色々と手を加えなければならないことも増えましたが・・・)



端的に申しましょう。これは日本の文化の基礎をなす「家」概念に対する挑戦です。


選択的夫婦別姓法案が通過した後の社会を考えてみましょう。

例えば、私の姓は「松村」ですから、息子の姓も当然に「松村」です。

将来、息子は結婚しようとする相手をつれてくることでしょう。仮にその女性の姓が「田中」であったとします。彼女は、私にこういうことを言うのです。

「私は結婚しても、『松村』姓を名乗りません。従来どおり『田中』姓を名乗ります。そして、私たちの子供にも『田中』姓を名乗らせます」

反対しても始まりません。なぜなら、それは彼女に認められた権利だからです。結婚するふたりの間で同意がなされてしまった以上、われわれが口を挟む筋合いのものではありません。

さらに世代が下ってしまった場合、どのような状況が起きるでしょうか。


 第1世代:松村(男)―田中(女)
 第2世代:田中(息子)
 第2世代:田中(息子)―鈴木(女)
 第3世代:鈴木(孫)

おわかりでしょうか。私の息子である『松村』と田中さんが結婚して、息子が田中姓を名乗り、その息子である田中が鈴木さんと結婚して、その子供が鈴木姓を名乗った場合、爺ちゃんと息子と孫の姓が全く異なる状況が生じることになります。

なぜ、このような奇天烈な状況を、わざわざ発生させねばならないのでしょう。

そのあたりの必然性が、野党からは全く説明されていません。



「結婚した後も職場で旧姓を名乗りたい」
・・・・・・どうぞ、名乗ってください。わざわざ夫婦別姓制度を導入せずとも、「通称」で間に合わせることは可能です。社民党や共産党の大好きなマンガである『美味しんぼ』の栗田さんは、それで働いているではありませんか。

「世界的潮流は夫婦別姓である」
・・・・・ほほぅ、なぜ世界の真似をしなければならないのですか?まずは、そこから説明してください。真似をすると何かいいことでもあるのですか?

変えるからには変えるなりの必然性がなければならないが、野党は全くだめですな。






ましてや、再婚禁止機関を100日に短縮するなんて・・・・・・福島瑞穂が弁護士だということを一瞬忘れてしまいました(笑)

あの制度は、婚姻を解消した女性が婚姻解消後に妊娠発覚した場合、「宿っている胎児の父親が誰かわからない」といった不確実な状況を避けるために設けられたもの。

それとも、アレなのかな?
今の科学時術ならばDNA鑑定が容易にできるから、父親が誰かも容易に確定できるとでも考えているのかな?

もしも、そうであるならば、「人の心」というものを無視した連中ばかりですな、社民党、共産党、そして民主党。

そのような「父親が誰だゲーム」を強要される女性の身にもなってみろってんだ!

[PR]
# by harukado-ruri | 2006-05-31 23:59 | 政治の話

算数オリンピック!




「数学オリンピック」が毎年開かれているのはご存知でしょうか。

これは世界各地の高校生による「数学の腕自慢コンテスト」で、1959年から開かれている大会です。

一応、高校1年生までの知識をベースにした問題ということになってはいるのですが・・・・・正直、かなり難しいです(当たり前!)



さて、フィールズ賞受賞者でもある数学者広中平祐氏は、こどもたちにもこういった大会があってもいいのではないかと、小学6年生以下を対象とした「算数オリンピック」を提唱し、1992年より実現されました。



b0104829_314211.jpg
というわけで、この書。

なにしろ、使う知識は小学校6年生までの算数の知識ですから、「三角形の面積は、底辺×高さ÷2」程度のことさえ覚えていればOK!

後は、ひたすら発想力の勝負です。

私の手帳には、算数オリンピックの問題の写しがあり、ちょっと暇になると「あーでもない、こーでもない」とやっております(笑)




せっかくですから、2000年の算数オリンピックの問題から、2つほど。

【問題】
6けたの整数があり、1の位の数字は9です。今、この「9」を一番上の位に移したら、もとの整数の4倍になりました。もとの6けたの整数はいくつですか。

【問題】
たろうくんは、1から順番に1,2,3,4,5・・・・・・とある数までを黒板に書きました。じろうくんがその中の1個の数を消してしまいました。すると、残りの数の平均は590/17(17分の590)になりました。
じろうくんの消した数はいくつですか。


小学6年生以下が対象ですから、もちろん小難しい方程式やらは不必要です。必要な知識はほとんどありません。


ですが・・・・・恥を忍んで申しますと、この前問を解くのに私は40分近くかかりました。
※ちなみに、わが嫁は10分程度で解き、高らかに勝利宣言をして立ち去りました。


リベンジを心中に誓い、ただ今修行中です。

[PR]
# by harukado-ruri | 2006-05-31 03:30 | 本の話

商工会議所総会



昨日は、勝山商工会議所の総会懇親会にお招きいただきました。


地方において、シンクタンク的な役割を果たすものは
 行政
 商工会議所
であると常々私は考えています。
(本当は、ここに青年会議所を入れるべきなのですが・・・・)


荒井会頭は、冒頭の挨拶において、勝山はこれから観光を重点として産業振興をしていくべきとの内容を述べられました。

確かに、勝山においては「産業としての観光」は発展途上にあります。どうしても製造の方に力を入れてきたため、観光とはどういったものなのかが市民レベルで浸透していないように思われます。


そもそも「勝山に人が来るはずがないじゃないか!」とさえ言う人もいるくらいですから(苦笑)。

そんなことはありません。勝山には観光地になりうるだけの魅力は十分に備わっています。
「なにが観光資源となりうるのか」については、私のHPの「日々是口実」第28番、「勝山への観光客を増やす方法」をご覧ください。


[PR]
# by harukado-ruri | 2006-05-31 02:25 | 政治の話

小学校に英語を導入することについて



教育基本法改正に伴って、「小学校に英語教育を導入する」話がまたぞろ出てきています。


そんなに英語を教えることが大切なのかしら・・・・・というのが、正直な感想ですね。




「日本は、アジアの中でも英語をしゃべれない国である」
という声をよく聞きます。

確かに、アジア21カ国でTOEFLを実施したところ、日本は21か国中18位だったそうです。
まあ、ビリっけつですね。

だからといって、それが何だと言うのでしょう。

1位がシンガポール、2位がインド、3位がフィリピンだったと記憶しているのですが、他にもスリランカや香港などが上位にあったはずです。

つまり、かつてイギリスの植民地支配が行われていた国ばかり。





まあ、日本もアメリカの占領を受けた精神的トラウマから未だに抜けられないのですから、いわば精神的殖民支配を受けてるようなもの。

だから、「小学校から英語」なんていう世迷言が堂々とまかりとおるのでしょう。





・・・・・イギリスでもアメリカでもフランスでも、小学生のうちから外国語を教えようなんて国はないですよ。

なぜって、外国語よりも自国語を教えることのほうが大切だからにきまってるから。


英語で何をしゃべるの?
[PR]
# by harukado-ruri | 2006-05-30 14:02 | 政治の話


掲示板を直せなかった市議会議員のひとりごと
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
「旧・月下独酌」のアドレスは下記のとおりです。
http://harukado.fruitblog.net/
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧